原 雅巳 (はら まさみ) ソプラノ/ジェスチャー/演出・演技/日本ヘンデル協会運営委員



東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院独唱科修了。
93年渡仏、オルレアン・コンセルヴァトワール(フランス)声楽家課程にて一等賞を取得し修了。
ジュネーヴ・コンセルヴァトワール(古楽センター)を最優秀(審査員一致)の成績を取得し修了。
声楽を嶺貞子、佐竹由美、ジャクリーヌ・ボナルドーの各氏に師事。
バロック歌唱法、およびバロック・ジェスチャーをベアトリス・クラモア、解釈をイヴォン・ルペランの各氏に師事。

'94年バークレイ(USA)古楽音楽祭に招聘され演奏。
第33回ブリュージュ(ベルギー)国際古楽コンクール入選。
フランス、スイスにて活動後97年帰国。
以後、フランス・ルネッサンス、バロック音楽を中心に演奏活動を行う。
カンプラ、モンテクレール、クレランボー、ラモーなどのカンタータの演奏は多数に及ぶ。

故渡部惠一郎氏のもと、バロックジェスチャーの研究を本格的に行う。
'01年には第69回日本音楽学会・東洋音楽学会の合同例会にてパネリストを務める。
また、'05年放送大学の「西洋音楽の諸問題」に客員講師として出演する。
'98年に創立された日本ヘンデル協会において、バロックジェスチャーの講師を務め、
協会の主催する公演に出演する傍ら演出、および演技・歌唱指導を行う。

'05年ソロアルバム「ふらんすの恋歌」をリリース。
'06年ラ・フェート・ギャラントと「パリの悦楽」をリリース。

(2007年5月現在)